ドラマ【僕らは恋がヘタすぎる 】第5話ネタバレ&ナリナリ(白洲迅) の名言&セリフ。やっと告白出来たのにナリナリ(白洲迅)へのサプライズ失敗?!ライバル奏多(嶋﨑斗亜)が可愛いぃ〜❤️

大好きドラマ

スポンサーリンク



ABCテレビで2020年11月08日
からスタートしたドラマ
『僕らは恋がヘタすぎる』

ダウンロード数1200万突破の
大人気電子コミック
『僕らは恋がヘタすぎる』
がドラマ化!!

恋に不器用なオトナたちの
『僕らは恋がヘタすぎる』は
成田 洋介[なりた・ようすけ](ナリナリ)
を演じる
白洲迅さん


藤原 花[ふじわら・はな]
を演じる
川島海荷さん
のW主演!!!

ドラマ『僕らは恋がヘタすぎる』
第5話

成田洋介こと
ナリナリ(白洲迅)

のヤバイ尊い名言&セリフ、
あらすじ
をご紹介!!

ライバルの
奏多(嶋﨑斗亜)が可愛いぃ〜❤️

第5話は
嵐の誕生会!
まさかの恋敵登場で大波乱!

『僕らは恋がヘタすぎる』ネタバレ!!ナリナリ(白洲迅)の名言&セリフがキュン❤️

歩、弟と再会

ライブ帰りの
花(川島海荷)とみずき(浅川梨奈)。

迎えに来た
ナリナリ(白洲迅)と歩(塩野瑛久)。

そこで、路上ライブしていたのは
歩(塩野瑛久)の弟、
奏多(嶋﨑斗亜)だった。


「お願いします。
兄貴ん家、泊めてください。

泊まる所がなくて・・・」
と奏多(嶋﨑斗亜)。

「嘘、大変!
えっ泊めてあげなよ」
と花(川島海荷)の勧めもあり
ギターを持った奏多(嶋﨑斗亜)は
歩(塩野瑛久)の家へ。

「俺、兄ちゃんに会えて良かった」
と奏多(嶋﨑斗亜)。

しかし、
歩(塩野瑛久)の心の中は・・・

『悪いけど、俺はそうじゃない。
ウンザリだった。
親が違って過保護にされる弟や
家族に気を遣って
生きていくのが。

だから逃げ出した。

なのになぜ見つかる』

ナリナリ正論節

悪い・・・ちょっと言い過ぎた

花(川島海荷)の部屋に
来たナリナリ(白洲迅)。

10年前に家出した歩(塩野瑛久)は
弟に会いたくなかったと思う
と話すナリナリ(白洲迅)に

・謝罪のメールする?
・ケーキを持ってお詫びに行く?
と慌てる花(川島海荷)。

「その場しのぎじゃなくて
もっとちゃんと考えろって!」

ビシッと言う
ナリナリ(白洲迅)に

「そうだよね・・
いや、相変わらずきついな〜」
と花(川島海荷)。

元カノの話(別れた理由)を
思い出し、ナリナリ(白洲迅)は
悪い・・・
ちょっと言い過ぎた

「うんう、成田君には
言いたい事、ちゃんと言ってほしい」
と花(川島海荷)。

元カノの話(別れた理由)

元カノのサエ(大場美奈)
に別れを告げられた
理由が分からない
ナリナリ(白洲迅)。

サエ(大場美奈)に
理由を教えて欲しいと
会いに行っていた。

※ライブの日 かつ
ナリナリ(白洲迅)の誕生日

「あの頃さ、私、
職場の人間関係で悩んでたじゃない?

それで洋介、悩んでる私に
いっぱいアドバイスくれたし
相談に乗ってくれたけど・・・
でも私、怖かったの

洋介は
『そんなに辛いなら
仕事やめればいい』
って言ってたでしょ。

それは正論だよ。

でもさ
そうもいかない事だってあるじゃん。

今私の抱えてる辛さに
ちょっとでも寄り添って欲しかった
だけなんだよ。

あの頃の洋介はさ・・・
もしも私が
生きるのが辛いって
話したら
『だったら死ねば?』
って平気で言いそう
で怖かった

洋介に出来ることは
誰にでも出来ることじゃないんだよ。

今の洋介なら大丈夫だよ。

彼女、幸せにしてあげてね」

そう言い残し
サエ(大場美奈)は
去って行った。。。

花の告白とキス❤️

知ってるけど、すげぇ嬉しぃ

ナリナリ(白洲迅)と花(川島海荷)
部屋で2人きり。

「成田君、みずきのこと
ありがとね」
とケンカの仲直りを
手伝ってくれたお礼を言う
花(川島海荷)。

「俺は別に。
頑張ったのは花だろ?」
とナリナリ(白洲迅)。

「言いたくて
だけど言えなかったこと
やっと伝えられる。
好き・・・
大好き❤️

なんてッ・・・
もう言わなくても知ってるか」
と花(川島海荷)の告白!!

知ってるけど
すげぇ嬉しぃ

とキス・・・

ナリナリのサプライズ決定!!

歩(塩野瑛久)と奏多(嶋﨑斗亜)
がいる家に
遊びに来たみずき(浅川梨奈)。

そこへ
“コンビニスイーツのサンプル”
を持って現れた花(川島海荷)。

奏多(嶋﨑斗亜)が
甘いもの大好き男子
である事が発覚!!

仕事が忙しいと
席を立つ歩(塩野瑛久)。

その時、カレンダーである事を
見つけた花(川島海荷)。

ライブの日が
ナリナリ(白洲迅)の誕生日だった!!

※ライブの日、ナリナリ(白洲迅)が
女の人と話ていたのを見たと言う
奏多(嶋﨑斗亜)。
人違いじゃない?と
あっさりスルーされた・・・

「成田君、気を遣って
言いだせなかったのかも。

あぁ、どうしよぅ〜
最悪だ〜」
と崩れる花(川島海荷)。

奏多(嶋﨑斗亜)の誕生日が
明後日だと発覚し、
みずき(浅川梨奈)の案でサプライズ決定✨

・奏多(嶋﨑斗亜)の誕生日パーティをする

・花(川島海荷)がケーキを振舞う

・サプライズで、ナリナリ(白洲迅)
の誕生日ケーキも作る

※歩と奏多が仲良く
なれればいいな〜と願う
みずき(浅川梨奈)

奏多の夢、冷たい歩

「成田さんって
花さんの彼氏?」
と聞く奏多(嶋﨑斗亜)に

「そうだけど、何?
いきなり
まさか花ちゃんに惚れてるとか?」
と答えるも『分かりやす・・・』
と歩(塩野瑛久)。

さらに
「お前さ、東京に何しにきたの?
彼女探し?

ミュージシャン目指して
一念発起とか
まぁどっちにしろ
くだらねぇか
世の中そんなに甘くねぇし

まぁ俺には関係ないけど・・・」

と部屋を出ていく
歩(塩野瑛久)。

奏多と花、ケーキ作り

花の顔みたら、疲れが全部吹っ飛んだ

歩(塩野瑛久)とナリナリ(白洲迅)
の2人の家に
協力したいと
ケーキ作りに誘った
奏多(嶋﨑斗亜)。

奏多(嶋﨑斗亜)と
花(川島海荷)でケーキ作り。

そこで
奏多(嶋﨑斗亜)が家を出た
本当の理由を聞くと

・音楽に携わりたくて
親に話すと反対された
・ギターを持って家出した

「僕、花さんに会えて
嬉しかったです

立ち止まって
演奏聴いてくれた人
初めてだったから」
と見つめる奏多(嶋﨑斗亜)。

そこに
ナリナリ(白洲迅)帰宅!!

花の顔みたら
疲れが
全部吹っ飛んだ
。」

と花(川島海荷)を抱きしめる
ナリナリ(白洲迅)。

(//∇//)うふぅ

Sponsored Links

奏多の誕生日パーティー&サプライズ

奏多(嶋﨑斗亜)とナリナリ(白洲迅)
の誕生日ケーキを
徹夜で手作りした花(川島海荷)。

そして、誕生日会スタート!!

「花さんにケーキ作ってもらえて
嬉しいです」
と奏多(嶋﨑斗亜)。

そして・・・

「ジャーン!
成田君
お誕生日おめでとう!

実は成田君の分も
作ってたの。

もう過ぎちゃったけど
せっかくだから
お祝いしたいなと思って。

サプライズ!!
と笑顔で
ナリナリ(白洲迅)のケーキを
持ってきた花(川島海荷)。

すると固まる空気・・・・

サプライズ失敗

「花、ごめん。
俺、アレルギーがあって
食べられないんだ。
せっかく作ってくれたのに、ごめん」
謝るナリナリ(白洲迅)。

すると・・・
「だったら
僕が食べます!
全然食べれます!!

名乗りを上げる
奏多(嶋﨑斗亜)。

「何言ってんだよ。
お前のために
作ったんじゃねぇんだぞ。」
と止める歩(塩野瑛久)に

「成田さん、いいですよね?

僕甘いものなら
沢山たべれるので。

だから成田さんの分・・・・」
とケーキ皿を持つ
奏多(嶋﨑斗亜)。

その手を掴み
「おい、やめろって!!」
と止める歩(塩野瑛久)。

と、その反動で
ケーキが机の上に落下・・・

「そもそも、お前が
厚かましいこと言うからだろ。
誕生日祝えとか」
と怒る歩(塩野瑛久)。

「違うよ、奏多くんは悪くない!
お祝いしようって提案したの
こっちだし。
歩も喜ぶかなと、思ったの」
とみずき(浅川梨奈)。

「俺が喜ぶ?
何?それ。
俺の話、覚えてねぇの?

むしろ、そんなの
ありがた迷惑だわ。

お前の自己満足に
俺のこと
巻き込まないでくれる?」
と取り乱す歩(塩野瑛久)。

「ひどくない?
確かに
迷惑かけたかもしれないけどさ、
どうして
そういう風な言い方ができるの?」
と出ていく、みずき(浅川梨奈)。

「これは、ナリナリにも
踏み込まれたくない話だから」
と歩(塩野瑛久)も出ていく。

「行ってあげて。
私は大丈夫だから」
と言う花(川島海荷)
に追いかける
ナリナリ(白洲迅)。

残されたケーキと2人

部屋に残った
花(川島海荷)と
奏多(嶋﨑斗亜)。

「ごめんね、変な空気にしちゃって
すぐ片付けるから。」
と落ちたケーキ
を見つめる花(川島海荷)。

『きっと喜ぶはずだ
なんて、
そんなの思い上がりだった。

大好きな相手のことを思って
たった、それだけのことなのに。

どうして
うまくいかないのかな。』

と落ち込み
「ハァ・・・
捨てちゃおっかな。」
と言う花(川島海荷)に

「僕なら・・・
僕は花さんのを
食べたいです

と奏多(嶋﨑斗亜)。







『僕らは恋がヘタすぎる』第5話のあらすじは?

偶然、街角で路上ライブをしていた弟の奏多(嶋﨑斗亜)と再会した一之瀬歩(塩野瑛久)。弟のことが原因で10年前に家を飛び出した歩は、会いたかったと喜ぶ奏多に複雑な気持ちを抱く。再婚した歩の母と現在の父との間に生まれ、両親の愛を一身に受けて育った奏多。そんな家庭の空気に耐えられず、歩は逃げるように家を出たのだった。

成田洋介(白洲迅)と歩の部屋に滞在することになった奏多は、訪ねてきた藤原花(川島海荷)を大喜びで迎える。だが、部屋のカレンダーを見て、成田の誕生日をお祝いし損ねたと知った花は、ガッカリ。そんな花に奏多は「明後日が僕の誕生日」と告げる。兄弟の事情を歩から聞いていた片山みずき(浅川梨奈)は2人の仲を取り持とうと、奏多の誕生日パーティーを提案。そこで花は、一緒に成田の誕生日もサプライズで祝おうと、スイーツ好きの奏多に協力してもらい、得意のケーキ作りに奮闘する!

準備万端に迎えた奏多の誕生日パーティーだったが、事態はあらぬ方向へ…!?

【引用】『僕らは恋がヘタすぎる』公式ホームページ

『僕らは恋がヘタすぎる』情報

『僕らは恋がヘタすぎる』のインスタ、ツイッター、ハッシュタグは?

・番組公式HPはこちら

・番組公式twiiterはこちら

※ハッシュタグは『#僕ヘタ

ドラマ『僕らは恋がヘタすぎる』の見逃し配信は?

Tverまたはhulu

『僕らは恋がヘタすぎる』の次回は?

ドラマ『僕らは恋がヘタすぎる』は
ABCテレビ(関西)11月29日(日)夜11時55分スタート
テレビ神奈川12月01日(火)夜11時00分スタート
です!

アイキャッチ画像出典:ドラマ『僕らは恋がヘタすぎる』公式サイトより












コメント