IT業界で出てきたカタカナ英語&横文字たち。聞き取れるようなる必要がある単語TOP11!!

SEのお仕事

スポンサーリンク



こんにちは!春美です。

IT業界で飛び交う
『外来語』
『カタカナ英語』
『横文字カタカナ」
たち・・・

恐ろしく
常識かの様に
話に出てきます。

しかしッ!!

IT業界も未経験。
機械音痴。
英語は苦手。

そんな人(私)にとって
外来語風カタカナ英語の横文字
は意味不明。

英語なのか
外来語なのか
IT用語なのか・・・。

初めは聞き取り
すら難しいです。

そんなIT業界で勤めて
聞き取れなかった単語
TOP10
をご紹介。

まずは、聞き取れるようになりましょう!!(^_^)

【1】コミット:データを確定

英語で「Commitment(コミットメント)」。
意味は「確約する、誓約する」等になります。

ライザップのCMでもおなじみ!!
「結果にコミットする」

つまり
「結果に責任を持つ=結果を残す」
という様な表現です。

IT業界で出てくる
「コミット」は
処理結果を確定する!
という意味になります。

<例題>
下記のデータ3件があるとします。
名前   |オヤツの数
———————–
犬太郎  |3個
猫太郎  |6個
羊太郎  |0個

①犬太郎はオヤツを3つ羊太郎にあげた
名前   |オヤツの数
———————–
犬太郎  |3-3=0個
猫太郎  |6個
羊太郎  |0+3=3個

②猫太郎はオヤツを2つ食べた
名前   |オヤツの数
———————–
犬太郎  |0個
猫太郎  |6-2=4個
羊太郎  |3個

③このデータで完了。
名前   |オヤツの数
———————–
犬太郎  |0個
猫太郎  |4個
羊太郎  |3個

このような場合、
①②の処理でコミットしたデータが③になります。

Sponsored Links

【2】ユーザ:使う人(お客さん)

英語で「ユーザ(user)」。

システムを使う人(お客さん)になります。

ユーザ要望
 =システムを使う人がシステムの要求

ユーザテスト
 =システムを使う人が行うテスト

など色々出てきます。

【3】エビデンス:証拠(テスト結果のハードコピー)

英語で「evidence」=「証拠」の事。

IT業界で良く出てくる場面は
「テスト結果のエビデンスを作成する」。

テスト前後の
データと画面のハードコピーを
Excelに貼り付ける。

バッチなどのプログラムを動かした
ログ(記録)を残す。

などを
テスト結果のエビデンスとして
提出する事が多いです。

【4】オンスケ:予定通り

英語で「onschedule」。

進捗確認の時に多々でてきます。

「オンスケ?」
「はい」
そう言えると時は、
スケジュール(計画)通り。

順調な時です。

【5】ペンディング:保留、先送り

英語で「pending」。

この言葉を聞いたら、
一旦、放置しよう
という事です。

この言葉を聞く場面は
・解決に時間がない
・解決に情報が足りない
・解決するのが面倒

の様なときです・・・。

「先送りしましょう」
と言うより
「一旦、ペンディングしましょう」
と言う方が
なぜか
罪悪感が減る気がします。笑

【6】アジェンダ:議題

英語で「agenda」。

たま~に、出てきます。

一瞬ためらいます。

落ち着いて、日本語に変換しましょう。

【7】インバウンド:外から中

英語で「inbound」。

外から中の流れ。

インバウンドコール
は、お問い合わせ電話。

外(社外)おら中(社内)
へ電話が来るからなのです!

【8】コンセンサス:合意

英語で「consensus」。

たまに出てきます。
what?と言いたくなります。笑

「合意、つまりOK」と言う意味だそうです。

【9】リテラシー:知識や理解

英語の「iteracy」は、
読み書きの能力のこと。

・情報リテラシーは
「情報を処理する能力」。

・ITリテラシーが高い人は
「IT関係の知識が高い人」。

そんな感じで出てきます。

【10】ジャストアイデア:思いつき

英語で正しく表現すると
「It’s just an idea.」。

IT業界の用語ではないですが
レベル高い系の方と話する時に
たまに出てきます。

【11】プライオリティ:優先順位

英語で「priority」。

チーズケーキから食べてから
コーヒ飲むか。

コーヒー飲んでから
チーズケーキを食べるか。

プライオリティの高いの
はどっち????

まとめ

いかがでしたか?

他にも色々ありますが、
単語が、頭の片隅にでもあると
感覚が違います。

普段から
反復で登場する
単語は
そのうち覚えられる事でしょう!

少しでも参考になれば嬉しいです。

コメント