【ボス恋】胸キュンが過ぎる(//∇//)全話あらすじ&まとめ。子犬系男子🐶潤之介(玉森裕太)の尊いセリフ&名言、ワイルド狼系🐺中沢先輩(間宮祥太朗)のドS萌セリフ&名言「保存版7選」にキュンキュン❤️人並みの”ボス恋ロス”中…

大好きドラマ

スポンサーリンク



2021年1月スタート
の火曜ドラマ(TBSドラマ)

オー!マイ・ボス!
恋は別冊で

略して

『ボス恋』

2021年1月12日放送開始の
第1話から
2021年3月16日の
第10話の最終回まで
の『ボス恋♡』

胸キュンが過ぎる(//∇//)
全話あらすじ
をまとめました。

そして

このドラマにふさわしい
胸キュン♥の
保存版のセリフ&名言を
を勝手に7つ選定しました!!( *´艸`)笑

鈴木 奈未[すずき・なみ]
を演じる
上白石萌音さんに
なりきって
子犬系🐶潤之介
OR
ワイルド狼系🐺ドS先輩

あなたなら、どちらを選ぶ?!😍😍

子犬系🐶御曹司のカメラマン
潤之介[じゅんのすけ]
演じる
玉森裕太さんの
子犬🐶キュンセリフ&名言♥

ワイルド狼系🐺ドS先輩
中沢涼太[なかざわ・りょうた]
演じる
間宮祥太朗さんの

を振り返りながら、
人並みの
ボス恋ロス中・・・・

最終回の白ジュンも可愛かったぁ〜
Teverをリピート中です(*ノωノ)

そしてこちらの
告知が懐かしい・・・・✨

ボス恋『相関図』

引用:「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」公式HP

Sponsored Links

ボス恋「胸キュン♥全話あらすじ」まとめ

第1話

平凡女子が鬼上司の雑用係に!?

あらすじ

東京で暮らす幼馴染で片思い中の日置健也 (犬飼貴丈) を追いかけ、地方の田舎町から上京してきた就活中の鈴木奈未 (上白石萌音) 。安定志向の奈未は、大手出版社・音羽堂出版の備品管理部の求人募集を見つけ面接を受けることに。面接までの時間を潰そうとしていた矢先、ひょんなことから潤之介 (玉森裕太) と知り合う。あるアクシデントに見舞われるが、潤之介との運命的な出会いによって、なんとか面接を乗り切った奈未は、無事採用されたものの、配属されたのは備品管理部ではなく新設されたファッション雑誌編集部だった。

初出社当日、社内で迷子になってしまった奈未は、通りかかった宇賀神慎一 (ユースケ・サンタマリア) に助けてもらい、無事に編集部に辿り着く。そこでは編集部の面々が慌ただしく荷物を移動しており、何も分からないまま立ち尽くす奈未は、やって来た上司の半田進 (なだぎ武) から急いで青山へ行くように命じられる。

指定されたレストランに着くや否や、ある女性から大量の荷物を持つよう言われる奈未。やっとの思いで編集部に戻ると、そこには中沢涼太 (間宮祥太朗) や和泉遥 (久保田紗友) 、和田和美 (秋山ゆずき) 、加賀栞 (太田夢莉) をはじめとした編集部のメンバーが勢揃いしており、その中心には先ほどの女性・宝来麗子 (菜々緒) の姿も。奈未は、麗子が新たに創刊したファッションモード誌「MIYAVI」の編集長であることを聞かされるのだった。

そして、事態が飲み込めない奈未に与えられたのは、その超ストイックな編集長の雑用係という仕事で…。
【引用】『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』公式ホームページ

第2話

偽装彼女でボスをだませ作戦!

あらすじ

お見合話を断る口実として潤之介 (玉森裕太) の彼女役を引き受けた鈴木奈未 (上白石萌音) は、潤之介から「姉ちゃんに会って」と頼まれる。しかし、姉として紹介されたのはなんと鬼上司の宝来麗子 (菜々緒) だった。最悪の状況に焦った奈未はその場しのぎに麗子にいろんな嘘をついてしまい、より事態は複雑な状況に……。

翌日、『MIYAVI』の編集部では創刊号の企画会議が行われ、中沢涼太 (間宮祥太朗) が提案した漫画家とのコラボ企画が採用された。さらに麗子の発言で人気漫画家・荒染右京に依頼することが決定する。

何かを企んでいる様子の麗子は、前日についた“奈未の嘘”がきっかけで奈未に荒染との交渉の席につくよう命令。交渉の大役を押し付けられてしまった奈未は、潤之介にSOSを求め……。
【引用】『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』公式ホームページ

第3話

鬼上司vs部下で大反乱!

あらすじ

付き合っているフリを解消したはずの潤之介 (玉森裕太) から、「俺のこと好き?」と突然質問され戸惑う奈未 (上白石萌音) 。さらに潤之介から自身の写真展の案内状を渡され、仕事中も潤之介のことが頭から離れなくなってしまう。

一方、『MIYAVI』編集部では創刊号の校了が1週間後に迫っていた。編集部員たちが校了に向けて慌ただしくしている中、編集長の麗子 (菜々緒) から、急遽モデルで柔道家の瀬尾光希のインタビュー特集を別の人物に差し替えるよう指示が出る。光希の特集を担当していた中沢 (間宮祥太朗) は、その指示に納得がいかず「もう編集長にはついていけない」と言い出す。

さらに、他の編集部員からも麗子への不満が続々と噴出し、麗子が辞めるか編集部員が辞めるかの二択を迫られる事態に…。
【引用】『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』公式ホームページ

第4話

まさかの平凡女子に引き抜き話!?
BBQで燃え上がる恋心!?

あらすじ

ついに「MIYAVI」創刊号が発売され、上京してからの出来事を感慨深く振り返る奈未(上白石萌音)。改めて「MIYAVI」のページを開いた奈未は、その中の洗練されたモデルたちと比べ、ファッション業界の最先端で働いているのに最先端とは程遠い自分を痛感する。オシャレに目覚める奈未だが、そのセンスのなさに麗子(菜々緒)からは呆れられてしまう。その様子を見かねた同僚たちは、ブランドのレセプションパーティーに奈未を同行させてあげることに。しかし、そのパーティーで奈未はまた潤之介(玉森裕太)と会ってしまい複雑な気持ちに…。

そんな中、麗子は昔の上司であり、次号の「MIYAVI」で特集ページを担当する、ファッション業界のトップでクリエイティブ・ディレクターのウエクサジンコ(高岡早紀)と再会する。

後日、ジンコのスタッフミーティングの場へ顔を出した奈未は、その和気あいあいとした雰囲気に感動。さらにジンコからの誘いで、ジンコの企画を手伝うことに。すると、ジンコからなぜか副社長・宇賀神(ユースケ・サンタマリア)との会食のセッティングを頼まれ…。
【引用】『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』公式ホームページ

第5話

これって付き合ってるの!?

あらすじ

雨の中、待ち合わせ場所でうずくまっていた潤之介 (玉森裕太) に思わずキスをした奈未 (上白石萌音) は、ずぶ濡れの潤之介を自分のアパートへ連れて帰ることに。しかし、潤之介が思いを寄せている幼馴染みの存在が気になってしまい…。

一方、編集部では音羽堂出版の社内報に載せる「MIYAVI」の紹介記事作成をどのスタッフに担当させるか、半田 (なだぎ武) が頭を悩ませていた。麗子 (菜々緒) は遥 (久保田紗友) に任せようとするが、優秀すぎるが故に方々から振られたアシスタント業務で手一杯。その話を聞いていた奈未は、麗子からの評価が高い遥のようになれば、麗子に潤之介との関係を認めてもらえるのではと思い、社内報作りに立候補する。

さらに、奈未は遥に代わり、中沢 (間宮祥太朗) が担当する対談企画で使う、ヴァイオリニスト・蓮見理緒 (倉科カナ) のドレスを届けることに。社内報も、対談の段取りもこなして、麗子からの評価を上げようと奔走するのだが…。
【引用】『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』公式ホームページ

第6話

雑用係を卒業!?
子犬男子と同居!?

あらすじ

奈未 (上白石萌音) は麗子 (菜々緒) に付き添い、とあるパーティに出席していた。するとそこには、潤之介 (玉森裕太) の幼馴染・理緒 (倉科カナ) の姿が。しかし、潤之介がかつて想いを寄せていた相手だと知ってしまった奈未は、理緒と顔を合わせることができずに人影に隠れてしまう。

理緒に気づかれぬよう麗子とパーティ会場を後にしようとする奈未だったが、偶然麗子の父・宝来勝之介 (宇梶剛士) と遭遇し挨拶をかわす。さらに勝之介は麗子に新谷 (細田善彦) という若手実業家の男を紹介するのだった。すると後日、麗子の元に新谷から、ある相談が持ちかけられ……。

そんな中、パーティから帰宅した奈未のアパートの前には潤之介が待っていた。電話もメールも返事がなく、避けられていると感じた潤之介は、「理由を教えてくれるまで帰らない」とその場に座り込んでしまい……。
【引用】『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』公式ホームページ

第7話

一発逆転!
世界で一番君が好き!

あらすじ

MIYAVI廃刊の危機を迎え、麗子 (菜々緒) は奈未 (上白石萌音) と共にスポンサー探しに奔走するが難航していた。

そんな中、奈未の家族が上京し、アパートにやってくるが、そこに潤之介 (玉森裕太) もやってきて鉢合わせに。理緒 (倉科カナ) と抱き合っているのを見てしまった奈未は潤之介と話すことを拒否し、母の真未 (宮崎美子) も娘をたぶらかそうとしている悪い男と勘違いし、追い返してしまう。

一方、中沢 (間宮祥太朗) や遥 (久保田紗友) ら編集部メンバーは長野のコテージへ取材に行くことに。偶然、奈未と麗子もある化粧品会社の磯辺社長 (近藤芳正) を訪ねるため、同じ場所に行くことになり……。

再び潤之介は誤解を解こうと奈未のアパートを訪れると、困っている奈未の父・義郎 (橋爪淳) と遭遇し……。
【引用】『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』公式ホームページ

第8話

彼氏ができたらやりたい10の事

あらすじ

迫りくる音羽堂出版社の吸収合併と『MIYAVI』の廃刊危機を乗り越えるべく、COACHとMIYAVI、そしてISOBEの3社がコラボレーションする化粧水のプロジェクトへ向けて編集部は動き出した!

そんな中、奈未 (上白石萌音) は特集記事の磯辺 (近藤芳正) 社長の紹介欄の執筆を任され、自分の原稿が初めて雑誌に載ると期待に胸を膨らませる。そして潤之介 (玉森裕太) との仲は距離がグッと縮まったことで、仕事中も潤之介との半同居生活を思い出してはニヤけてしまうのだった。

そして一度、金沢の実家へと帰った潤之介。母・香織 (高橋ひとみ) に宝来グループを継ぐことを前向きに考えていると告げるのだが、付き合っている彼女を連れて帰って来いと言われてしまい……。

そんなある日、編集部に写真週刊誌から一枚のゲラが送られてきた。そこには奈未と麗子 (菜々緒) が写っており……!?
【引用】『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』公式ホームページ

第9話

好きだから…一緒にいたい!

あらすじ

潤之介 (玉森裕太) から、スケートリンクで突然のプロポーズ、そしてカメラマンを辞めて金沢へ帰ることを告げられた奈未 (上白石萌音) 。突然の出来事に驚き、咄嗟にプロポーズの答えを出してしまい……。

翌日、奈未がコーヒーを届けに行くと編集長室から麗子 (菜々緒) の荷物がきれいさっぱりなくなっていることに驚く。MIYAVI編集部メンバーが集められ、半田 (なだぎ武) から今後の音羽堂出版の吸収合併後についての説明をされる。そこになんと新編集長として麻美 (高橋メアリージュン) が現れ、麗子はMIYAVIから外れることになったと告げられた。

突如とした編集長交代に、事態が飲み込めない編集部一同。さらに麗子が行方不明になっていると聞き……。
【引用】『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』公式ホームページ

第10話(最終回)

いつか未来が…

あらすじ

潤之介 (玉森裕太) と別れた奈未 (上白石萌音) は、極度の“潤之介ロス”に陥っていた。中沢 (間宮祥太朗) をはじめ、編集部の仲間に心配される奈未。一方、潤之介は、父・勝之介 (宇梶剛士) と共に取引先との挨拶回りや商談など、多忙なスケジュールをこなす日々を送っていた。

あれから麗子 (菜々緒) が辞めたMIYAVIは、ブランドからの広告出稿の見送りが続出。責任を感じた麻美 (高橋メアリージュン) は、宇賀神 (ユースケ・サンタマリア) に編集長から退く意向を伝える。そこで宇賀神は麗子に備品管理部から編集部に戻るよう打診するのだが、麗子の気持ちは変わらず……。

そんな中、次号の表紙となる予定だった写真がネット上に流出していることが発覚。前情報は一切出していなかった極秘企画だったため編集部は大慌て。このピンチを乗り越えるべく、奈未らは麗子に助けを求め頭を下げるのだが……。

その夜、編集部員一同は最悪のトラブルを抱えつつも居酒屋に集まっていた。臨時で編集長となった半田 (なだぎ武) の就任祝いかと思いきや、そこに現れたのは…!?

【引用】『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』公式ホームページ

【胸キュン♥ボス恋】尊い♥萌え♥セリフ&名言7選!<<保存版>>

潤之介(玉森裕太)の尊いセリフ&名言7選!

第7位

「楽しい関係だよね。
例えて言うなら
肉料理🍗とパイナップル🍍
みたいな?

潤之介から好きと言われた奈未。

「これって、付き合っている?!」
とて2人の関係を聞き出す質問の回答が
🍗と🍍だった・・・

潤之介らしさ
が溢れる!!

第7位

※まさかの7位が2つ!!笑

最悪な時の
海って、最高だよね

う〜ん、何て言うか。

お腹すててる時の方が
ご飯おいしいでしょ」

と”おしるこ”を飲む
潤之介(玉森裕太)。

※落ち込んだ鈴木奈未(上白石萌音)
をバイクに乗せて着いた海で・・・

第6位

俺のこと好き?

奈未に彼女のフリを頼んだ潤之介。

フリは止めようと握手した後、
転がるレモン…🍋
を拾ってくれた潤之介
からの言葉・・・・

スキ〜♡(〃ω〃)

第5位

奈未ちゃん・・・・
好きだよ♡

抱きしめる潤之介
の腕が大好きです♡

第4位

俺、彼氏なんで。
俺の1番を2番に
するとか、ありえないから。

幼なじみの健ちゃんが
奈未を二股相手にしようとした時!!

カッコよすぎ❤️

第3位

「俺のお願い
聞いてくれる?
俺の奥さんになって♡

プロポーズ!!
キュンが過ぎる❤️(//∇//)

第2位

「俺にとって
奈未ちゃんは特別だからだよ。

ただいま。
奈未ちゃん♡

最終回、3年後に突然現れた
潤之介との再会❤️

幸せっ…(//∇//)

第1位

奈未ちゃんの
ことだけ見てる♡

潤之介を
独り占め❤️(〃ω〃)

潤之介の子犬系🐶
キュン❤️セレクトに
ニヤニヤです( ;∀;)

ドS中沢先輩(間宮祥太朗)のツンデレ萌えセリフ&名言7選!

第7位

奈未と潤之介が別れに
「このままでいいの?」
と聞いた中沢先輩。

「いいも何も
奈未ちゃんには
やりたい事があるんだから」
と諦めた潤之介へ
背中を押す中沢先輩・

「でも
あんたが
分かってもらえる
努力しないと、何も
進まないんじゃないの?

中沢先輩!( ´ •̥ ̫ •̥ ` )

背中押す感じ…
やっぱ
優しい✨✨

第6位

バカにする様な
仕事にこそ
仕事の本質があるんだよ

残業を頑張る奈未に
仕事の大切さを
教えてくれる♡

仕事の先輩
としても完璧✨

第5位

「あんたがそんなんなら
俺、遠慮しないから

潤之介が元彼を抱きしめてるのを見て
泣いてる奈未見た中沢先輩。

「俺が言うのもなんだけど
もうちょっと
気にかけてやったら?」
と潤之介に忠告し
「ドS先輩には関係ないじゃん」
と答えた潤之介への
ワイルド狼🐺返し!

カッケェ〜✨

第4位

「まぁ
俺も、負ける気
さらさらないんで!

「ドS先輩に
渡すつもりないから。
俺、負けないよ!」
と言う潤之介に

男らしい回答が
かっけぇ〜〜〜!!!!

子犬系🐶男子とワイルド狼🐺系
に言われたい♡(〃ω〃)

第3位

お前が
また泣いてる気がして…

ワイルド感
半端ない!!!

中沢先輩…

第2位

「鈴木。
もし、
お前が俺の彼女だったら
俺はお前が
他の男と泊んのは嫌だ

中沢先輩…

一緒にブレスレッドまで
探してくれて…

なのにズルしない…

男らしさにズキュン♡
(//∇//)

第1位

「鈴木…
俺お前のこと好きだわ。
俺なら
お前のこと泣かせない

中沢先輩・・・
カッコいぃ〜🐺🐺🐺🐺

ドSな中沢先輩🐺
ツンデレ❤️が尊い…

ワイルド感も好き(;ω;)

『ボス恋』Twitter感想まとめ

ボス恋ロスの方は
ぜひ
こちらもおすすめです!!

『ボス恋』SNS情報&ハッシュタグ

・番組公式HPはこちら

・番組公式twiiterはこちら

※ハッシュタグは『#ボス恋

ドラマ『ボス恋』の見逃し配信は?

TverまたはTBSfree




コメント