IT業界で転職する時に知っておきたい。転職エージェントと転職サイトは何が違う?

IT業界の転職

スポンサーリンク



こんにちは、春美です。

実は、私も昔「転職エージェント」と「転職サイト」の違いを知りませんでした・・・笑

転職する上では、必ず知っておくべき基礎知識と言っても過言ではありません。

“転職サイト”はmyself。”転職エージェント”はアドバイザーと一緒に。

転職サイトでは、自分が主体になってとなって検索したり、応募したりと、

自由に転職活動を進めることが出来ます。

「リクナビネクスト」や「マイナビ転職」などが有名ですね。

転職エージェントは、キャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

WORKPORT」や「レバテックキャリアなどが該当します。

※どんな経歴で、転職後はどんな仕事内容が良いか?どれくらいの年収がよいか?

条件などをヒアリングしてくれ、そのニーズに合う企業をマッチングしてくれます。

さらに、応募書類の添削や、企業への推薦状、面接日のスケジュール調整

年収などの諸条件の交渉なども行ってくれます。

そう!手厚いサポートを受けれる転職エージェント。

そして時間がない忙しいIT業界の人!!

には断然「転職エージェント」がおススメです。

転職希望者
転職希望者

いやぁ~相談するなんて・・・。

春美
春美

自分で調べればいいや~!!と思う人、多いですよね?

でも履歴書の書き方から、マッチする企業情報も教えて貰える

“転職エージェント”を利用しないなんて勿体ない!

“転職は転職のプロ”にお任せするのが、一番!!

転職希望者
転職希望者

まずは転職エージェントに登録して、面談してみるか!!

Sponsored Links

“転職エージェント”は非公開求人数が8割も!!

“転職サイト”は公開求人が基本なのです。

なので一見、”転職エージェント”の求人数は、少ないと思えるかもしれません。

しかし、実際は多くの非公開求人の情報を有している”転職エージェント”。

非公開求人は、応募者の集中を防ぐために非公開にしている大手・有名企業もあるんです!!

まさかの憧れの企業にめぐり会えることも十分に考えられます。

※急な異動や退職による欠員補充を行う際に、募集に時間がかけられないため、

即時性が求められる求人は、日々多くの転職希望者が登録している人材紹介会社に依頼されるんです

また、公開求人よりも良い条件(新規プロジェクト案件のポジションがある、給与が高い、など)

が非公開求人にはあったりするのです。

これは、転職サイトとエージェントの仕組みの違いも影響しています。

求人募集する企業は、転職サイトの場合、求人案件1つにつき毎月広告料を支払います。

転職エージェントの場合は、成果報酬。

つまり、求人案件は無料でマッチすると報酬を支払う仕組み。

求人募集する企業は”転職エージェント”に依頼するほうが、コストも少なく抑えられるので、

沢山の求人が集まりやすいんです。

さらに、転職サイトより転職エージェントの方が、

キャリアアドバイザーもついて転職活動を進める為、スピードも本気度も高い!!

という所から、非公開求人が増えるんですね。

1年か2年先には転職したいな・・・・と思っている人は 転職サイトがおススメ

まだすぐに転職する予定はなく、数年後に転職したいけれど、

情報収集しておきたいなという人は、”転職サイト”の登録からがおすすめ。

春美
春美

転職エージェントは、だいたい3カ月以内に転職できるよう

スケジュールしてくれます。

数年後に転職したいな~という人は、

スケジュール感が合わないかな・・・・。

まだ自分の方向性が決まってない!

まだ転職は早すぎる!!

といる人は、”転職サイト”の公開求人を見て、

様々な業種や業界、沢山の求人情報を自分で見比べることができる”転職サイト”がおススメです。

多くの求人を見ていく中で、自身の目指したい業種・業界が定まった時点で、

“転職エージェント”に登録するのが、最短ルートです。


コメント