【ボス恋♡第7話】ネタバレ!潤之介(玉森裕太)の名言&セリフ!ワイルドオオカミ系🐺中沢先輩VS子犬系男子🐶潤之介「奈未ちゃんのことだけ見てる♡」のはどっち?!(〃ω〃)

大好きドラマ

スポンサーリンク



2021年1月スタート
の火曜ドラマ(TBSドラマ)

オー!マイ・ボス!
恋は別冊で

略して

『ボス恋』

主演は鈴木 奈未[すずき・なみ]
を演じる
上白石萌音さん!

子犬系御曹司のカメラマン
潤之介[じゅんのすけ] (玉森裕太)

胸キュン❣️❣️

クールな先輩
中沢涼太[なかざわ・りょうた](間宮祥太朗)

ツンデレ〜♡

超ドSな鬼上司
宝来麗子[ほうらい・れいこ](菜々緒)
のセリフ・名言が
刺さる!!

ファッション雑誌編集部を舞台に
繰り広げられる
胸キュン❤️お仕事&ラブコメディ!!!!

『ボス恋』第7話

中沢涼太(間宮祥太朗)
ワイルド狼系

潤之介(玉森裕太)
子犬系男子系

どっちも魅力的♡(//∇//)

揺れる乙女が選んだのは?!

潤之介(玉森裕太)
のセリフ&名言に
キュンキュン❤️

とともにネタバレをご紹介!!

第7話は
鈴木家 東京へ襲撃!?
MIYAVI廃刊の危機!?

『ボス恋』7話ネタバレ 潤之介(玉森裕太)の名言&セリフにキュン死❤️

こちら、ワイルド狼系

付き合ってほしい(中沢涼太)

潤之介(玉森裕太)が元彼の
蓮見里緒(倉科カナ)を抱きしめている
現場を見たあの日。

「お前の事、好きだわ…
俺なら、お前の事泣かせない。」

と中沢先輩(間宮祥太朗)からの
告白された鈴木奈未(上白石萌音)。

こちら、どちらかと言うと
ワイルド狼系?!

「何言ってるんですか…
冗談ばっかり」
と慌てる鈴木奈未(上白石萌音)に

付き合ってほしい
返事、いつでもいいから」
とクールに去った
中沢先輩(間宮祥太朗)。

ワイルド狼系🐺VS子犬系🐶

恋って
勝ち負けなのかな?(潤之介)

会社の近くで鈴木奈未(上白石萌音)が
出てくるのを待つ
潤之介(玉森裕太)。

その前を通りかかった
中沢先輩(間宮祥太朗)が
足を止めたッ!!

「あのさ…
俺、鈴木に自分の気持ち
伝えたから。

隠れてコソコソとか
するのも嫌なんで一応。

あんたには
負けないから・・・

と去ろうとする中沢先輩(間宮祥太朗)。

その言葉に潤之介(玉森裕太)
が反撃?!

「ねぇ…
恋って
勝ち負けなのかな?

いつも見せない
潤之介の顔に
キュン(*´꒳`*)

潤之介ピンチ?!

来ちゃった!!(潤之介)

鈴木奈未(上白石萌音)の部屋へ、
熊本から家族が来日。

『歯ブラシ2本+男物のパンツ』を見つけ、
健ちゃんと付き合っていると
思い込む家族。

そして、家族そろって
ご飯を食べようとすると
ピンポーん♪

「連絡したけど返事がないから
来ちゃった!!
と潤之介(玉森裕太)。

外に連れ出した
鈴木奈未(上白石萌音)、
理緒を抱きしめている所を
見たと告げると…

「あれは理緒が落ち込んでたから。
別に理緒とは、もう何も…」

と呑気な潤之介(玉森裕太)。

「じゃぁ落ち込んでる人のことは
誰でも抱きしめてあげるんですか?

どうして、そんなに
誰にでも優しくするんですか?

私もう潤之介さんの事が
分かんないです!!」

と怒り爆発の
鈴木奈未(上白石萌音)。

家に戻っちゃう。。。

潤之介への告白

誰にでも優しいって
誰にでも優しくないんだよ
(蓮見里緒)

潤之介(玉森裕太)の仕事場に
訪れた元カノこと
蓮見里緒(倉科カナ)。

「この前のこと
謝んなきゃと思って…

ずっと1人で悩んでたから
泣いたりして、ごめん。」
と蓮見里緒(倉科カナ)。

「そのことか…」
と気にしてない風の潤之介(玉森裕太)。

検査結果を一緒に聞きに来て欲しい
とお願いする蓮見里緒(倉科カナ)に
軽くOKを出す潤之介(玉森裕太)。

「やっぱ、いいや。

潤ちゃん優しいから
つい甘えちゃうんだよね。

誰にでも優しいって
誰にでも
優しくないんだよ

本当はまだ好きなんだよ
潤ちゃんのこと…

潤ちゃんに優しくされると辛い…」


優しさも罪(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

Sponsored Links

黒ジュンお散歩

リードなんかなくたって
俺はどこへも行かないぜ
(潤之介)

金曜日・・・
家族と一緒にご飯を食べる
鈴木奈未(上白石萌音)に
衝撃の真実を告げる。

【目撃情報】
奈未の彼氏のマンションから
ショートヘアの女性と出てきた
■家族の頭の中
奈未の彼氏→健ちゃん(幼奈馴染み)
ショートヘアの女性→知らない人
■奈未の頭の中
奈未の彼氏→潤之介(玉森裕太)
ショートヘアの女性→蓮見里緒(倉科カナ)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【妄想スタート】

「ジュン、お散歩行こ〜」
蓮見里緒(倉科カナ)の声に

黒ジュン登場!!!

リードなんかなくたって
俺はどこへも行かないぜ

バキュン・・・(*´꒳`*)

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

バキュンにやられた・・・(°▽°)
てか
黒ジュン!!
リードって?!🐶

悪魔の微笑む 土曜日

廃刊の危機に直面中の雑誌MIYAVI。
大口広告を探す中・・・

長野県にある中小企業の
“株式会社ISOBE”が
絹化粧水を開発した事に
目をつけた宝来麗子(菜々緒)。

“悪魔の微笑み✨”を見た
鈴木奈未(上白石萌音)。

そして、土曜日!!

“株式会社ISOBE”へ商談に行く
宝来麗子(菜々緒)のお供で長野県へ。

しかし、商談時間をだいぶ
遅れて到着した宝来麗子(菜々緒)。

「本日、最高の手土産を用意したく
思った以上に、時間がかかってしまい
申し訳ありませんでした」

と、ハイブランド”コーチ”との
コラボを交渉してきた
宝来麗子(菜々緒)。

“株式会社ISOBE”社長も
タジタジ・・・(`・ω・´)

潤之介と東京観光の土曜日

俺って優しいですか?(潤之介)

長野に行き、不在中の
鈴木奈未(上白石萌音)の家へ
訪れた潤之介(玉森裕太)。

潤之介(玉森裕太)が彼氏だと知った家族を、
代わりに東京案内してあげる事に。

そして、潤之介(玉森裕太)✨の虜に・・・

①東京スカイツリーの中迷う母。
その手を掴み
「そっち有料ですよ」

②縫いぐるみを落としちゃった妹
「気をつけて」と頭ポンポン♡

東京満喫できたと喜んでくれる
奈未の家族に
俺って優しいですか?

誰にでも優しいって、結局
誰かを傷つけちゃうんですよね…」
と悩んでいた潤之介(玉森裕太)。

そんな様子を見て

「みんなに分け隔てなく
優しかということは
誰んでん、出来ることじゃなか。

奈未はきっと、潤之介君の
そういうところがよかて
思ったとじゃなかかな」

と励ます奈未の母。

日帰りキャンプの土曜日

はっきりさせなよ(泉遥)

長野の白姫川にある
コテージの取材をする
中沢涼太(間宮祥太朗)に

『思い出の日帰りキャンプ』
とて付いてきた編集室メンバ。

ちょうどその土曜日、
長野で商談していた鈴木奈未(上白石萌音)
は、商談後にキャンプへ合流!

告白されて気まづい
鈴木奈未(上白石萌音)は
中沢涼太(間宮祥太朗)を避けていると、
その様子を見て

「誰が好きなのか?
誰とずっと一緒にいたいのか?

ちゃんと自分の気持ち
はっきりさせなよ

と泉遥(久保田紗友)にアドバイスされる。

そして、日帰りキャンプから帰る時、
潤之介から貰ったブレスレッドがない?!

先に帰っててください
と残って探すことにした
鈴木奈未(上白石萌音)。

中沢先輩とお泊まり?の土曜日

俺はお前が
他の男と泊んのは嫌だ(中沢涼太)

ブレスレッドを探していると
「モタモタしていると
バス間に合わないぞ」

と一緒に残って探してくれる
中沢涼太(間宮祥太朗)。

その後、バスに乗り遅れ
終電に間に合わなくなった2人。

「しょうがねぇ
どっか泊まるとこ、探すか」

と見つけた旅館は”2名1室”
しか空いてない。

「お前、ここ1人で泊まれ
俺、別の宿探してくる」

と荷物だけ置いて去ろうとする
中沢涼太(間宮祥太朗)に

お布団離せばと大丈夫と
気をつかう鈴木奈未(上白石萌音)。

「鈴木。
もし、
お前が俺の彼女だったら
俺はお前が
他の男と泊んのは嫌だ

中沢先輩・・・
ズキュン♡

長野での宿泊

1人で長野に宿泊することに
なった鈴木奈未(上白石萌音)。

【母との電話で気づいた思い】
気持ちを伝えてくれてたのは
いつも潤之介さんの方だ。

いっつも振り回されて
って思ってたけど

私からは自分の気持ち
伝えてない・・・

そして、メールを開くと潤之介(玉森裕太)
から沢山のメールが・・・

そのメールを見て電話する
鈴木奈未(上白石萌音)が
電話に出ない潤之介(玉森裕太)。

実は、
中沢涼太(間宮祥太朗)
と鈴木奈未(上白石萌音)
が終電を逃して帰れなくなった事を知り
バイクを走らせ
長野に向かっていた
潤之介(玉森裕太)。

一方、
まだ見つからない
ブレスレッドを探す
中沢涼太(間宮祥太朗)。

コタロウと出会う日曜日

世界中で
奈未ちゃんだけなんだ(潤之介)

翌朝の日曜日・・・・

旅館の外に出た
鈴木奈未(上白石萌音)

その目の前に
「コタロウっていうんだ?
よかったな、コタロウ。」
と潤之介(玉森裕太)の姿が。

「潤之介さん、何で?」
と驚く鈴木奈未(上白石萌音)。

「奈未ちゃん、ここの旅館だったんだ?
そっか、そっか。

コタロウは
俺にそれを教えてくれたんだな。

偉いぞコタロウ」
と潤之介(玉森裕太)。

「奈未ちゃんの手は
小さいな…」

「バイクで走ってる間
ずっと考えてた奈未ちゃんのこと。

俺、奈未ちゃんの事考えると
ドキドキするんだ

奈未ちゃんが笑うと嬉しいし
泣いてると悲しい。

そんなふうに思えるのは
世界中で
奈未ちゃんだけなんだ

ドキドキ♡って・・・
嬉しすぎる(//∇//)

潤之介を独り占め

奈未ちゃんの
ことだけ見てる(潤之介)

「私の気持ち
言ってもいい?

独り占めしたい

私のことだけ見てて欲しい…」

と気持ちを伝えた
鈴木奈未(上白石萌音)。

「うん」と抱きしめる
潤之介(玉森裕太)。

そして、
おでこを突き合わせ
奈未ちゃんの
ことだけ見てる♡

キャー♡
キュンが苦しい❤️
尊い・・・(//∇//)

そんな2人を遠くから見ていた
中沢涼太(間宮祥太朗)。

探していたブレスレッドを
置いて去っていく・・・

中沢先輩…優しすぎる
切ない・・・(;ω;)







『ボス恋』第7話のあらすじは?

MIYAVI廃刊の危機を迎え、麗子 (菜々緒) は奈未 (上白石萌音) と共にスポンサー探しに奔走するが難航していた。

そんな中、奈未の家族が上京し、アパートにやってくるが、そこに潤之介 (玉森裕太) もやってきて鉢合わせに。理緒 (倉科カナ) と抱き合っているのを見てしまった奈未は潤之介と話すことを拒否し、母の真未 (宮崎美子) も娘をたぶらかそうとしている悪い男と勘違いし、追い返してしまう。

一方、中沢 (間宮祥太朗) や遥 (久保田紗友) ら編集部メンバーは長野のコテージへ取材に行くことに。偶然、奈未と麗子もある化粧品会社の磯辺社長 (近藤芳正) を訪ねるため、同じ場所に行くことになり……。

再び潤之介は誤解を解こうと奈未のアパートを訪れると、困っている奈未の父・義郎 (橋爪淳) と遭遇し……。

【引用】『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』公式ホームページ

『ボス恋』SNS情報&ハッシュタグ

・番組公式HPはこちら

・番組公式twiiterはこちら

※ハッシュタグは『#ボス恋

ドラマ『ボス恋』の見逃し配信は?

TverまたはTBSfree

次回の『ボス恋』は?

ドラマ『ボス恋』
第8話は「ついに人並みの幸せをゲット!?」

アイキャッチ画像出典:ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』公式サイトより

来週も楽しみ♪♪









コメント