【コンフィデンスマンJP運勢編】船越英一郎が「元ZOZO社長風」長澤まさみが「黒柳徹子さん風”ザ・ベストテン”」西銘 駿さんも出演

大好きドラマ

スポンサーリンク



月9枠のフジテレビドラマ
「コンフィデンスマンJP」。

2019年5月17日に公開された映画「コンフィデンスマンJP-ロマンス編-」
の開局60周年特別企画として、
2019/5/18放送された「コンフィデンスマンJP 運命編」。

放送の時は見そびれたのですが、
コチラで配信されていたのでみてみました!!!

長澤まさみちゃんが好きで、たまたまポチッと見てみたら、
ハマるハマる!!

主要キャストが全員詐欺師という
まさに「痛快エンターテインメントコメディー」。

騙し騙され、ハラハラ・ドキドキ
コンゲームが、とても面白いですよ♪

イントロダクションの名言

【名言】

人生を支配するのは運であり、
英知にあらざるなり。

マルクス・トゥッリウス・キケロ

★★のりのりのオープニング★★

目に見えるものが真実とは限らない。

何が本当で何が嘘か――。

福引を引くと必ず
要らない景品が大当たりする僕は
果たしてついているのかいないのか?

今日のラッキーアイテムは河童です
と言われた私は一体どうすればいいのか?

パワースポットの近くに住んでいる人は
常にパワーがみなぎっているのか?

真実は神のみぞ知る。

コンフィデンスマンの世界へようこそ♪


“コンフィデンスマンJP 運勢編” 主要キャスト

ダー子(長澤まさみ) →詐欺師(写真の真ん中)

常に天真爛漫で、どこに行くか分からない
オーラ全壊の超絶ガール”ダー子”(長澤まさみ)

ボクちゃん (東出昌大) →詐欺師(写真の左)

一番常識人に見える!!
背も高くてカッコいい★

そんな彼は、実は「足をあらう」のが口癖。

実際に詐欺を働く時には、誰よりも本気になり、
優しさが出てきて、騙した事をばらしちゃうッなんて事も。

純粋で心優しい”ボクちゃん”

リチャード (小日向文世) →詐欺師(写真の右)

私服でも常に蝶ネクタイ。
いったい何者なのか誰もわからない
神出鬼没で捉えどころのない”リチャード”

Sponsored Links

“コンフィデンスマンJP 運勢編” ゲスト

ターゲット1:松崎(船越英一郎)

宇宙に行きたいと切実に願うアプリ開発会社の社長・松崎(船越英一郎)。
「世界初 月旅行 第一号は松崎社長」

えっ!!!!!!!!(@@;)

これはもしや「元ZOZO社長の前澤〇作氏」と被っている~!!笑

宇宙に行きたい気持ちで、ご本人様は、騙されませんように♪祈

ターゲット2:阿久津 晃(北村一輝)

投資家の阿久津。
裏社会では有名な闇金業者。

債務者をギャンブル漬けにし、自殺に追い込んで保険金を手にしたり、

女の子を裏業界に斡旋したりと、負け知らずの危ない男。

北村さん演じる阿久津は、
ただのチンピラ?と思いきや、

やるべきことをやる。
有意義な人脈を作り
害をもたらす奴は切り捨てる。
行動する時は前もって情報収集し、
あらゆる事態を想定して、
用意周到に準備をする。

そうすれば負けることはない。

あっ!!(;”∀”)
ビジネスマン本に出てくるやつ!!

基礎中の基礎。

言ってのける彼がカッコよく見えます。

スーツ着てたら惚れてしまうケン!!

渡辺若葉(中山美穂)

遺品整理会社「おもかげ」の社長。

ダー子のもとを去った
ボクちゃんが働きだした。

あの清純派「中山美穂」さん。
やっぱ良い人ッて思ってたら、
まぁまぁ派手な悪女だった!!

なぜか以外に似合っている。さすが女優さん。

韮山波子(広末涼子)

中華料理店「みなと食堂」を一人で切り盛りする女将。

ダー子のもとを去った
リチャードが訪れた「みなと食堂」。
2人で愛の食堂になるのでは・・・?

マジで恋する5秒前」を
今、歌っても、時代を感じさせない若さ。

こんな人に、男の人はお金を貸しちゃうんだろうなぁ~!!

公太(西銘 駿)

あらすじ

ターゲットにあっさり奪い取られる

阿久津は投資家とは名ばかりの闇金業者で、賭けポーカーの元締としても暗躍し、債務者をギャンブル漬けにするなど、卑劣な手口で稼ぐ危ない男だった。

ボクちゃんとリチャードが反対するほどの強敵「阿久津」。
しかし、耳を貸さないダー子は作戦を強引。

証券マンを装い「犯罪がらみの現金洗浄して、融資金を倍にします」と、阿久津に接触。

阿久津は融資金の5千万円をあっさり出してくれた。

ダー子は、次の取引金3億を手にできるはず!!

と、融資金の5千万円 + ダー子たちのポケットマネー5千万円 
を追加して、阿久津に持っていく。

次の取引をと思いきや、ダー子たちが詐欺師だと正体がバレていた。

そう、阿久津にあっさり5千万円を奪い取られたのだ。

運が下がり続けるダー子

「ダー子の運は下がり続ける」というリチャードの占い。

信じないダー子だが、「サイン前に心臓発作で敗北」「選挙候補者に、金で票をかわそうとすると離婚した前妻ににていると失敗」「家が売れそうな瞬間に隕石飛来で・・・」

狙ったターゲットが、信じられない不運続きで、連敗の連敗。

運に見放されたダー子は、ボクちゃんとリチャードへ「ヘタレ」「解散よ解散!!」と突きつける。

そして、ボクちゃんとリチャードは、ダー子の元を去っていく。

何週間か後

ボクちゃんは、渡辺若葉(中山美穂)が社長を務める遺品整理会社『おもかげ』で働き始める。

リチャードは、仕事をリタイアして海辺の町へ。
サーフィンを楽しんでいた夫を亡くし、ひとりで切り盛りする韮山波子(広末涼子)の中華料理店『みなと食堂』の常連さんになり恋心が。

ダー子は、五十嵐(小手伸也)とダンシング。そして、再び阿久津に挑むと意気込む。

ボクちゃん、実際は・・・

実は暴力団関係者の渡辺若葉(中山美穂)は、
「遺品」をだまし取ったモノを、不法売買・不法投棄をしている悪党。
その事実を知ったボクちゃん。
許せないと渡辺に仕掛けるも、まさか盗まれるという展開に。

最後に逃げようとすると、バッドで殴られ!!

リチャード、実際は・・・

韮山波子(広末涼子)は「亡くなった夫が5千万円の借金」をしていて、金を借した男の女になれば許してもらえる・・・
と追い詰められている彼女の事を知ったリチャード。

店が繁盛すればと、中華料理人の陳さんになったリチャード。

これで店を救えると思った矢先、金を借した男の車から降りてくる波子(広末涼子)を目撃。
「あなたは、いつかいなくなる人だから・・・」その言葉に、
せめて人助けがしたいと5千万円を渡した。

翌日の朝、目覚めると波子(広末涼子)の姿はなかった。

ダー子、実際は・・・

五十嵐(小手伸也)とともに、阿久津のものに行きポーカーに挑む。

五十嵐が買ったと思いきや、不正がバレて捕まる。

勝負するぞ!!とダー子と阿久津が2人でポーカーに。
運が戻ったダー子は勝負に勝って、2億をGET。

しかし阿久津は「人の金で楽しませてもらった!!」と。

頭にきたダー子は、もう一勝負を宣言。

阿久津に勝てるかと思った直前に、
勝負には負け、
警察に踏み込まれて、牢屋の中に。

さんざんなダー子たちの結末は?!

笑える見どころ「ザ・オサカナ・ベストテン」に「君の名」・・・

「ターゲット」選びに、なぜか急に始まる「ザ・オサカナ・ベストテン」。
あの玉ねぎ頭をするダー子(長澤まさみ)ちゃん!

遠くから見ると黒柳徹子さんに見える。

うん!髪型って大事!!

そして、「君の名は」「ラ・ラ・ランド」
「サンシャイン池崎さん」などのネタが、

ナチュラルに登場しますよ♪

感想

「不確かなもにしがみついて、懸命に前に進もうとする、それが人間」
というダー子の言葉に感動して・・・

もぉ~~!!!!完璧、信用してしまった。

分かってたはずなのに、怪しんでたはずなのに。

ホントに「解散」してしまうのかと、ダー子が最後かと思ってしまった。

「目に見えるものだけが真実じゃない」という言葉が沁みました。

もうほんと驚かされる展開が病みつき♪

執着を捨てれないのが人間

大切なモノに執着するのが人間

亡くなったモノに執着するのが人間

執着して幸運が舞うのを待つのが人間

は名言すぎます。

そして占いで「底に落ちぬ限り浮上せず =絶対失敗する 」とでたら、

自主的に失敗を組み込んだ計画を立てれば良い。

私もダー子のユニークな発想を、見習いたい♪








コメント